シンプルデザイン解説ブログ

気軽にデザインを学べるデザイン解説ブログ。シンプルデザイン解説です。プロのグラフィックデザイナーがデザインを組む上で注目すべき観点を解説しています。

シンプルデザイン解説 デザイン解説 考え方 色設計

【Tips】色を活かすための工夫

投稿日:2020年7月4日 更新日:

きれいな色を活かすための工夫についてです。

色を主張したいので
文字要素は無彩色(ここでは白)のみにしたい。

ブラッシュアップ前のものでも
十分良いのですが
もうひとつギミックを加えたい。

ギミックを加えたのが
ブラッシュアップ後。

このデザインの内容は「色の重要性」

いかに「色」についてを主張できるか?
そこの重きを置いてビジュアルを作り込んだ。

主張したい事を目立たせるために
わざと「持ち味が消える部分」を作る。

差を明確に見せることで
アピール力が高まります。

-シンプルデザイン解説, デザイン解説, 考え方, 色設計

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【解説】読み物のデザインとレイアウトについて

雑誌「Hanako」の特集ページについてシンプルデザインの観点から解説しました。 サムネイルデザイン以外のデザイン知識を持っているとさらに差別化できますよ!

【Tips】イラストの色数を制限してまとまりのあるデザインに

イラストを使うと必然的に色数が増えてまとまりがないデザインになりがち… 今回はそこを解消する方法を解説します!

【余白】余白が与える印象

デザインする上で「余白」は切っても切れない要素です。 物事を効率よく伝えるには余白ってかなり重要です!今回はその余白によって与える印象の違いについて解説します。

【タイポグラフィ】ロゴっぽく見せる

タイトルやメインコピーをより魅力的に見せたい時ってどうしますか? ・色で差別化・フォントで演出・文字の周りを飾る ここでは ちょっと手を加えるだけで他とは違った見え方ロゴっぽくなる方法を解説します!

【色】補色とは?

補色とは 色相環で正反対に位置する関係の色の組合せのこと 言葉で表すとこう表現されますが なんのこっちゃ分からんですよね。。 今回は「補色」について 解説します!

スポンサーリンク